税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能

国をまたぎ企業

インドネシアで会社設立をする際の入り口

インドネシアは豊富な労働力を抱えている世界有数の人口が多い国です。日本と比較すると賃金が格段に安いので、インドネシアで会社設立をするために下見に来る日系企業は増加の一途を辿っています。まず、最初に下見に来るときに企業が頼るのが日本貿易振興協会JETROです。ジェトロでは、インドネシアで会社設立を行うために必要な手続きや、生活情報などを提供してもらうことができますが会社設立に必要な手続きを代行してもらうことはできません。あくまで、情報提供をしてくれる組織なのでまずはそのことを理解しておく必要があります。また、会社設立の代行業者を個別に紹介すると言うこともないので自分で情報を収集する必要があります。

業種によっては、ビジネスを行うことができない

インドネシアでビジネスを考えている外資系企業はネガティブリストと呼ばれる資料を熟知しなければなりません。BKPMと呼ばれる投資調整庁が発行している資料でインターネットで閲覧することができます。業種に応じて資本金や共同経営者との出資比率などが細かく細分化されています。中には、インドネシアで営業する事ができない業種もあるので注意が必要です。現地の日本人が経営する人材紹介会社や弁護士などに依頼すれば会社設立の代行を行ってもらうことができるので、言葉に不安がある方も安心して利用することができます。生活も文化も全く違う国なので、生活面での不安なども情報を集める必要があります。周到に用意をしたとしても何が起こるかわからない外国なので、時間とお金が必要になることを覚悟してください。

Copyright© 2015 税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能All Rights Reserved.