税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能

請求の仕組み

過払い金請求の仕組み

過払い金とは、払いすぎていた利息を取り戻す手続きになります。なぜ利息を払いすぎてしまうことが起きていたのかというと、以前は貸金業者が個人に融資する際の金利を定めた法律は利息制限法と出資法の2つあったのです。利息制限法は上限金利が利用限度額に応じて最大20%で出資法は29.2%であったのです。しかし、利息制限法の上限金利を超えても罰則規定がなかったためほとんどの貸金業者は出資法に準じて融資をしていたのです。利息制限法を超えるにはみなし弁済に定めた規定をすべて満たさなければならないのですが、すべて満たしている貸金業者はほとんどなく、違法という判決がでたことから利息制限法を超える利息は不当利息という判断となったのです。

法律事務所に手続き代行

過払い金請求は、個人でも行うことができますが法律事務所に依頼したほうがあとは代行で過払い金請求の手続きを代行してもらえます。もし、過払い金請求で折り合いがあわず裁判へと発展した場合、出廷の必要があります。出廷は平日ですので日中仕事の方だとなかなか出廷することが難しいです。それを法律事務所に依頼することで代理で出廷をしてもらえます。着手金についてですが、借金を全額完済しているのであれば着手金は無料で依頼することができて、戻ってきた過払い金の中から数パーセントが法律事務所の報酬となります。借りていた貸金業者に対して、契約開始から最終取引までの全期間の取引履歴を請求して法定金利以下に引き直し計算して過払い金額を算出します。

Copyright© 2015 税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能All Rights Reserved.