税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能

離婚をするなら

財産管理権と監護権を分離することができます

 夫婦双方が離婚するという点に関しては合意していても、子供の親権をどちらが取るかという点で相談がまとまらず、いつまで経っても離婚できずにいるケースがしばしばあります。夫婦が互いに相手方に対して親権を押し付けるのではなく、親権の奪い合いのような状況になっているケースの方が多いのがせめてもの救いではありますが、間に挟まれている子供にとっては望ましい状態ではありません。そのような状況に陥ってしまっている場合には離婚専門サービスを提供している弁護士に相談してみるのが得策です。離婚専門サービスを提供している弁護士であれば、夫婦双方が納得できる形を提案してもらえます。たとえば、親権を財産管理権と身体監護権の2つに分けて、それぞれが1つずつ持つようにするという方法があります。その他にも良い方法がありますので、困っているのであれば、離婚専門弁護士に相談してみることをおすすめします。

収入が少なくても親権を獲得できる可能性があります

 男女雇用機会均等法が施行されてから結構な年月が経ちますが、いまだに性別による歴然とした収入格差が存在しています。結婚と同時に専業主婦になっていた女性が、離婚後一人で生計を立てていくのは容易なことではありません。きちんと生活していけるだけの収入が得られる仕事に就きたいと希望しても、なかなかそのような求人が出されていません。なので、離婚時に子供の親権を得ることができないのではないかという不安を抱えている女性がたくさんいます。そのような心配をしている女性は、一人で悩んでばかりいずに、離婚専門弁護士に相談してみるのがよいです。たとえ女性自身の収入が少なくても、別れた夫から養育費をきちんと取ることができれば、女性側に親権がいく可能性があります。特に子供の年齢が幼い場合は、女性の方に親権が認められるケースが多くなっていますので、諦めてしまう必要はありません。

Copyright© 2015 税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能All Rights Reserved.