税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能

依頼内容を考える

依頼内容に応じて税理士を選び分ける必要があります

 これから相続税の節税対策を相談するために税理士を利用したいと考えているのであれば、相続専門サービスを提供している税理士を選ぶようにするのが望ましいです。逆に、自分が経営している会社の経営相談にのって欲しいとか、経理部門の業務を丸ごと任せてしまいたいなどという希望を持っているのであれば、法人税務を専門に取り扱っている税理士を利用するのが得策です。一口に税理士と言っても、得意とする分野は人それぞれ皆違っています。自分が依頼したい業務分野を得意としている税理士を利用するようにした方が、高い満足感を得られます。良く知り合いから紹介された税理士とそのまま契約を結んでしまう人がいますが、期待しているサポートを必ず受けられるという保証はありません。ですので、自分が頼みたいことを得意としている税理士を探し出し、その者と契約を結ぶようにすることが大切です。

顧問契約を結んでしまった方が有利になります

 会社経営者が税理士の利用を考えているのであれば、確定申告業務や税務調査の立会いなどを単発で頼むのではなく、年間を通した顧問契約を結ぶようにすることをおすすめします。あまり売上が多くない会社ですと、顧問契約を結ばずに単発で利用した方がお得になる可能性が高いですが、ある程度儲かっているのであれば、顧問契約を結ぶようにした方が有利です。事務所によって差がありますが、毎月の顧問料が3〜5万円程度になっているケースが多いです。その料金を支払ってさえいれば、いつでもすぐに対応してもらえるようになりますし、確定申告業務の料金などもいわゆるメンバー価格になる場合が多いです。また、ずっと継続的に税務業務を頼んでいれば、利用するたびに細かい説明をする必要がなくなります。利用料金が安上がりになる可能性が高いので、中小企業経営者には顧問契約の締結をおすすめします。

Copyright© 2015 税理士へ相談を行うことによって細かい税金管理が可能All Rights Reserved.